アスタキサンチン 効果 効能

MENU

アスタキサンチンはDHAサプリの吸収アップ。効果効能とは

老化や生活習慣病の原因物質として考えられている活性酸素。

 

その活性酸素を消去してくれる抗酸化作用を持つ成分の中でも、その強さで大注目なのがアスタキサンチン。

 

アスタキサンチンはDHAサプリの吸収アップ。効果効能とは

 

アスタキサンチンは、天然の赤い色素のカロテノイドの一種で、他の抗酸化成分が届きにくい目の奥や脳にまで届く特徴があります。
アスタキサンチンは、サケやイクラ、カニやエビなどに含まれる天然の赤い色素のことで、加熱することでその発色が鮮やかになるのも特徴です。

 

カロテノイドとは?…カロテノイドは、動植物が持つ、自然界に存在する黄色や赤色の色素の総称で、600種類以上存在するといわれています。

 

しかし、このカロテノイドは体の中で作り出すことができず、自然の食物連鎖の中で、人間の身体の中に取り込まれます。そのカロテノイドの中で、抗酸化力の強さで知られるのがアスタキサンチンで、ビタミンEの約1000倍もの強さがあり、活性酸素の除去には一番の効果があります。

 

また、摂り続けても体の中では約72時間で消えてしまうこともわかっているので、身体の中で蓄積されてしまうというリスクもありません。

 

 

活性酸素とは

活性酸素とは、体内で酸素を利用し、代謝が行われる過程で活性酸素は自然に発生してしまう、酸素を吸えば必ずできるものです。
誤解を恐れずに申しますと、酸素は身体に必要なものでもあるけれど、増えすぎると、活性酸素として害になってしまう、という事なのです。

 

この活性酸素は、身体の中で色々な物質と化学反応を起こすため、細胞を酸化してしまい、細胞に対して損傷を与える働きをします。

 

身体のエネルギーは、取り込んだ糖や脂肪から作り出されます。その変換の過程で、外から入り込んだウィルスや細菌を排除したり、紫外線や排気ガス、食品添加物などの化学物質、ストレスによっても活性酸素が作られます。

 

この活性酸素が、ガン、生活習慣病、老化、認知症などの発生原因になっていることが、最近の研究でわかってきています。

 

また、歳をとることで、体内の活性酸素を分解してしまう抗酸化酵素の量が減ってしまい、活性酸素を減らす働きが衰えてきてしまいます。

 

つまり、若々しさと活性酸素を除去することは比例する関係にあることがわかってきたのです。中でもリコピンは、細胞膜に多く存在するため、活性酸素の攻撃から細胞を守る働きをして、細胞を若々しく維持してくれるんですね。

 

 

アスタキサンチンで脳を守る

身体の中で一番酸素を消費するのは、脳です。脳の重さは、体重の2%程度しかないのに、エネルギーの消費量は約20%、酸素は30~50%が脳で消費されます。

 

酸素の消費量が多い分、活性酸素の発生量も比例して多くなると考えられます。

 

また、脳は活性酸素の攻撃を受けやすい脂肪質が半分を占めていますから、活性酸素が発生するとそのダメージは小さくありません。

 

脳の神経細胞は、一度死滅すると再生しませんから、加齢によって神経細胞が減少すると記憶力や思考力も一緒に低下することになります。

 

そのため、ただでさえ加齢によって減っていく神経細胞を、活性酸素からしっかり守ることはとても大切なことなんです。

 

アスタキサンチンはビタミンCやビタミンE,βカロテンと比べ強力な抗酸化力を持ちます。

 

また、唯一他のカロテノイドでは通過できない脳の関所(血液脳関門)や目の関所(血液網膜関門)を通過できるカロテノイドでもあります。

 

アスタキサンチンという強い抗酸化物質を日常的に脳や目に補うことができれば、脳の衰え、眼精疲労を防ぎ、脳疾患予防をする効果が発揮されると考えられています。

 

 

アスタキサンチンの美容と健康効果

アスタキサンチンが持つ強力な抗酸化力は、美白、美肌、血流改善、免疫力向上、老化防止などの効果が期待できます。

 

 

アスタキサンチンを効果的に摂取するには

アスタキサンチンは、人間の身体の中で作り出すことができません。摂取する方法は、外部から摂る、つまり食べ物によって補う必要があります。

 

アスタキサンチンを多く含む食品を挙げると、 サケ、 イクラ、 カニ、 エビなどがありますが、十分な量を補うためには、サプリメントを使うほうが手軽で効果的です。