高血圧を下げる方法

MENU

血圧を下げるサプリメントとは?

高血圧になると、その影響から色々な病気が起きるリスクが高まります。

 

このリスクを低減するには、食生活の改善や適度な運動など日常的な生活習慣の見直しが必要です。

 

しかし、一朝一夕で高血圧が元に戻るわけではありません。

 

少しでも早く健康を取り戻したいなら、これらの生活習慣の見直しと併用して、血圧を下げるサプリメントを摂取することで、さらに効果を高めることができます。

血圧を下げる効果のある成分は何?

以下に挙げた成分は血圧を下げる効果のある成分です。
これらの成分を上手にバランスよく食物から食べるのはなかなか難しいので、サプリメントを活用して、必要な栄養素をバランスよく摂取することができます。

 

ミネラル

カリウムは余分な塩分を尿として体外に排出する効果が高まります。カリウムを多く含む食材であるリンゴやバナナ、ほうれん草、アボカド、パセリを積極的に摂取しましょう。
塩分を抑えることが高血圧治療・予防の第一歩ですが、いきなり塩分を減らしてもおいしく感じないので徐々に減らしていく必要があるので、カリウムを多めに摂ることで塩分排出効果を高めましょう。
カルシウムは、血管収縮の働きをする副甲状腺ホルモンの分泌を抑制し血圧を上がりにくくする効果があり、マグネシウムはそのカルシウムの吸収を助けます。カルシウムは牛乳や小魚、マグネシウムは海藻類・ナッツ類・豆類に多く含まれます。

アリシン

殺菌・公金、抗血栓効果、コレステロール抑制効果のあるアリシンですが、動脈硬化に効果的です。アリシンを多く含むのはニンニクです。

 

 

 

 

オレウロペイン

悪玉コレステロールを抑え、末梢血管や心臓の冠動脈を強くします。オレウロペインはオリーブに多く含まれます。

 

 

 

 

タウリン

交感神経や血管を収縮して血圧を上げるノルアドレナリンを抑え、穏やかな心理状態にしてくれます。交感神経が活発な状態では、体の中の余分な水分・塩分が排出しづらくなり血圧が上がりやすくなります。タウリンは、貝類などに多く含まれます。

 

 

 

リグニン

不溶性食物繊維のことで、腸のぜんどう運動を活発にし、コレステロールを減らす働きもするので、血圧上昇や動脈硬化予防につながります。リグニンはごぼうに多く含まれます。

 

 

酢酸

食酢に含まれる酢酸は、高血圧や動脈硬化予防に効果があるという研究成果が発表されています。酢酸によって血管を拡張するアデノシンという物質が分泌され、血流がスムーズになります。

 

 

DHA・EPA

DHA(ドコサヘキサエン)は、血管の壁を構成する細胞膜を柔らかくする作用があるので、血管が拡張しやすくなって血流がスムーズになります。また、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす働きもします。DHAはいわし、さば、アジなどの青魚、マグロ、うなぎ、ナスなどに多く含まれます。
EPA(エイコサペンタエン酸)はDHAと同じような効果があります。EPAは血小板の凝固を抑制する働きをするので、心筋梗塞、虚血性心疾患のリスクを減らしてくれます。
DHA・EPAの両方を摂取することでより高い効果が期待できます。

ペプチド

タンパク質に多く含まれるペプチドは、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン酵素の働きを抑える作用があります。牛乳や魚、大豆などに多く含まれます。

 

 

 

 

しかし、食物からこれらの成分を摂取するためには、大量の食物を摂ることになりますので、上手に必要な成分を摂るためにサプリメントを活用することが、健康への近道になるのではないでしょうか。

 

血圧を下げるサプリメント一覧はこちら

市販のサプリメント50種類以上の中で最も効果のあるものを注文してみた。