高血圧を下げる方法

高血圧の薬としての漢方薬を紹介します

西洋医学の「降圧剤」は、血圧を下げる効果はありますが、決して高血圧を治療してくれるわけではありません

 

最終的には、食事運動など生活習慣の改善によって高血圧を改善する努力が必要です。

 

それでは、身体のバランスを整え自然治癒力を引き出す東洋医学には高血圧を解消してくれるものはないのでしょうか?

 

例えば漢方薬です。
一剤で複数の症状に対応する効果もあるので、西洋薬を複数服用するのが嫌だと感じる方にはおすすめです。

 

ここでは、高血圧にも効果のある漢方薬をご紹介していきます。

東洋医学に高血圧はない?

実は、東洋医学には「高血圧」という概念がありません

 

その理由は、東洋医学には血圧を数値で見るという考え方が無いためです。

 

東洋医学では、高血圧は脈の強さ・全身の状態から「血液の流れが滞っている」という症状である、と考えるのです。

 

そのため、頭痛や耳鳴り、肩こり、動悸など高血圧で現れる症状や血圧が上がる原因であるストレスを、血液の流れの改善やストレス緩和をすることによって、不快な症状を改善していくという考え方をしています。

 

ただし、漢方薬には血圧を下げる速効性までは無いので、どちからと言えば西洋医学と併用して用いられることが多いようです。

高血圧に効果がある漢方薬とは

高血圧の症状には、以下のような漢方薬が処方されます

 

大柴胡湯(だいさいことう)

症 状

のぼせ・頭痛・肩こり・胃もたれ・便秘・神経症・肥満症など
虚弱体質や、胃腸が弱い方、下痢をしやすい方には向きません。

副作用

発疹・赤みなどの皮膚症状、下痢・腹痛などの消化器系症状、間質性肺炎・肝機能障害など

 

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

症 状

イライラなどの精神不安・不眠・動悸・わき腹やみずおちの圧迫感・便秘・更年期神経症・子供の夜泣きなど
服用するには中程度の体力が必要なので、医師の指示に従いましょう。

副作用

間質性肺炎・肝機能障害など

 

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

症 状

のぼせ・イライラ・鼻血・不眠・体の炎症・二日酔い・更年期障害・胃炎・皮膚炎など
服用するには体力が必要なので、医師の指示に従いましょう。

副作用

間質性肺炎・肝機能障害・腸間膜整脈硬化症

 

釣藤散(ちょうとうさん)

症 状

起床時や午前中の慢性頭痛・めまい・耳鳴り・肩こりなど

副作用

発疹・赤み・食欲不振・胃部不快感など

 

八味地黄丸(はちみじおうがん)

症 状

倦怠感・足腰の冷え・頻尿・尿漏れ・頭痛・耳鳴りなど

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

症 状

冷え性からくる貧血・疲れやすい・下腹部痛・頭重・めまい・肩こり・耳鳴り・動悸など

 

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

症 状

生理不順・生理痛・腰痛・便秘・頭痛・めまい・肩こり
服用には中程度の体力が必要で胃腸が弱い方や下痢をしやすい方には向きません。
のぼせや便秘がちな人向けです。

副作用

発疹・赤みなどの皮膚症状、下痢や腹痛などの消化器系症状

 

副作用の中には、重篤になる可能性があるものもありますので、医師の指示に従って服用し、気になる症状が現れた場合はすぐに医師に相談するようにしてください。

高血圧が原因のしびれ

高血圧によって「しびれ」を感じる方もいるようですが、この「しびれ」には明確な治療法が確立されていません。

 

しかし、この「しびれ」に漢方薬治療が適している場合もあります。

 

「しびれ」の原因は、循環系や神経系が原因であると考えられています。

 

現れる症状は、 筋肉の緊張に伴う血行障害、痛みなどが現れるケースが多いようです。

 

また、糖尿病が原因となる神経障害が原因となっている場合や、更年期でのホルモンバランス、精神的な原因、が元となっている場合もあります。

 

効果のある漢方薬には、以下の生薬があげられます。

 

八味地黄丸(はちみじおうがん)

適 応

体力が弱い方も服用することができるため、高齢者でも大丈夫です

症 状

腰部や下肢の脱力感、冷え、しびれ、頻尿
 
牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

適 応

八味地黄丸と利尿作用のある牛膝(ごしつ)と車前子(しゃぜんし)という生薬を加えたもので、胃腸機能が正常な場合に使用します。

症 状

しびれ、痛み、尿量減少、むくみ

 

加味逍遥散(かみしょうようさん)

適 応

体力のない方で不定愁訴が多い場合に用います

症 状

脈や腹力が弱い、胸のつかえ・背中の急なのぼせと冷え

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

適 応

牡丹皮が使われているので少し冷やす性質があります。

症 状

腰部の強い冷え感、のぼせ、便秘など

 

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

適 応

血管の微小循環の改善が期待できます。体力のある方に使用します。

症 状

左下腹部の抵抗・圧痛、便秘、のぼせ冷え、頭痛、めまい、肩こり、耳鳴り、不眠

 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

適 応

冷え性の代表的な生薬で体力が無い方に処方します。
当帰(とうき)、呉茱萸(ごしゅゆ)、細辛(さいしん)の生薬が体を温めます。

症 状

手足の冷え、下腹部痛、頭痛、腰痛、全身の倦怠感

 

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

適 応

体力が中程度以上ある方に処方。

症 状

不眠、夢をよくみる、不安、抑うつなどの神経症が強い

 

 

 

血圧を下げるサプリメント一覧はこちら

市販のサプリメント50種類以上の中で最も効果のあるものを注文してみた。