高血圧を下げる方法

高血圧とは?

高血圧とは、文字通り血圧が高い状態のことで安静にした状態で正常と言われる範囲よりも数値が高い状態になると、そう呼ばれます。

 

血圧とは、血管を流れる血液が血管にかける圧力の強さです。血液の量だったり、血管の太さだったり、いくつかの要因によって血管にかかる圧力は変化します。

 

血管に一番圧力がかかるのは、心臓から血液を押し出したときです。このタイミングを「収縮期血圧(最高血圧)」といいます。

 

一番圧力が低くなるのは、血液を押し出してしまった心臓が元の状態に戻ろうと拡張するときで、「拡張期血圧(最低血圧)」といいます。

 

日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン」では、収縮期血圧と拡張期血圧が以下の条件を両方とも満たす場合に、正常値・正常高値・高血圧と判断するとされています。

 

収縮期血圧(最高血圧)

拡張期血圧(最低血圧)

正常値

130mmHg未満

85mmHg未満

正常高値

130〜139mmHg

85〜89mmHg

高血圧

それ以上

それ以上

高血圧の予防・対策

高血圧によるリスクを回避するには、いくつかの注意点についての対策が必要になります。

 

肥満

肥満の中でも内臓脂肪がつく上半身型肥満やリンゴ型肥満と言われるタイプは高血圧のリスクが高くなります。その際には運動や食生活の改善などによる対策が必要です。

 

おススメの運動としては、ウォーキングであったり、スイミングなどの有酸素運動で、長期間継続することで血圧改善効果が得られます。

 

 

 

 

 

 

ストレス

怒りや悲しみは血圧を上げる傾向があります。これらのストレスを解消するためには、溜めこまずにリラックスすることが肝要。

 

おススメは半身浴やヨガ、アロマテラピーなど、自分なりの方法を見つけてみてください。

 

 

 

 

気温差

寒さを感じると血管が収縮して血圧上昇が起こります。急激な温度変化は血圧にとっては大敵です。冬に温かいリビングから寒いトイレに行くときや、お風呂に入ろうとまだ温まっていない風呂場に入るときなど、心血管病が発生するのが多いのも気温差によるものが大きいのです。

 

部屋ごとの温度差をなくすためトイレや浴室にヒーターを設置するなど対策をしてみてください。

 

 

 

 

ちょっとしたことで高血圧にならないよう予防したり、リスクを減らしたりする事ができますので、自分の生活の中で積極的に取り組んで頂きたいと思います。

 

 

 

血圧を下げるサプリメント一覧はこちら

市販のサプリメント50種類以上の中で最も効果のあるものを注文してみた。