血圧 上が高い 症状

血圧 上が高い場合の原因・症状・改善方法とは?

血圧の上だけが高くなっているという症状は、収縮期高血圧と呼ばれ、動脈硬化が進んだ高齢者によく見られる症状です。

 

上が高いという場合には、上の血圧は130oHg以上、自宅での測定でも125oHg程度を示します。

 

30〜50代で上の血圧が高くなるという場合は、年齢ではなく糖尿病や腎臓病などの他の病気が原因で動脈硬化になっている可能性が考えられます。

 

 

 

上の血圧が高いという方は・・・

 

高齢者は、動脈硬化が心配されるので、医療機関で血圧脈波検査を受けてみるといいでしょう。

 

3,000円くらいで受けられますよ。

 

血圧の上だけが高いと上だけ下げるという方法はありませんから、食事療法運動療法薬物療法で通常の高血圧治療を行ない、経過を観察していきます。

 

まずは、毎朝血圧測定をし、上の血圧を確認します。

 

毎日確認することで、自分の血圧が高いことを意識するようになるので、塩分量運動することも意識するようになるからです。

 

また、自分の血圧の高さを意識するだけではなく、同年代の平均的な血圧を意識すると、その値に近づけようとする意識も付くようになります。

 

その意識が生活習慣の改善につながるのです。

 

 

 

血圧を下げるサプリメント一覧はこちら

市販のサプリメント50種類以上の中で最も効果のあるものを注文してみた。

血圧の上が高い

血圧の上が高いという症状は、よく、動脈硬化が進んだ高齢の方に多く見られます。その多くなってくるのが、血圧の上が高いけど下は正常値であるケースが多くなってきます。

 

血圧 上が高い場合の症状とは?

 

30代から50代で血圧の上が高いという場合、糖尿病や腎臓病などが原因で動脈硬化を起こしてしまっている可能性があります。

 

また、高齢者で血圧の上が高いというケースは、動脈硬化の可能性が高いです。医療機関で「血圧脈波検査」を受信してみてください。これは動脈硬化を調べるもので、3000円ほどで受診できます。

 

ちなみに血圧の上だけを下げる方法というものはないので、通常の血圧治療を施すことになります。血圧治療の両方とは、食事療法、運動療法、薬物療法などがあります。

 

血圧の上が高い場合、まず血圧測定を毎朝行うようにして、血圧の上が高いかどうかを毎日確認するようにすると良いです。血圧の高さを自覚することで、塩分の量を意識した食事や運動につながるためです。

 

血圧 上が高い場合の症状とは?

 

ちなみに自分で自分の血圧が高いかどうか確認するために、同年代の一般的な血圧値を意識しすると更に良い結果をもたらすはずです。