血圧 下が高い 症状

血圧 下が高い場合の原因・症状・改善方法とは?

下の血圧が高いという場合、数値は病院測定で85oHg以上、自宅の測定で80oHg以上を言います。

 

下の血圧が高い場合の原因は、年齢が30〜50歳代である、肥満、仕事が多忙睡眠不足ストレスなどが考えられます。

 

下の血圧が高くなるには、動脈に送り出す血液が心臓に溜まっている状態で血管の内壁が受ける圧力が高くなる状態になっているということです。

 

つまり、血液を心臓から血管に送り出す前なのに、血管の内側の圧力がもう既に高い状態という異常な状態なのです。

 

ですから昔から上よりも下が高い方が良くないと言われています。

 

 

下の血圧が高いという方は、まず生活習慣を見直しましょう。

 

肥満、仕事が忙しい、睡眠不足、ストレスの原因となる問題の解消が必要です。

 

これが解消できれば、改善の可能性があります。

 

肥満の場合はBMI値を25%以下に、睡眠不足なら6時間以上の睡眠ストレスがある場合は自分の好きなことをして気分転換を図る、といった対策を目指します。

 

それでも、努力が実らず下の血圧が高いままという場合には、他の重篤な病気が原因の可能性もあります。

 

しかし、高血圧は長期間続くと、動脈硬化が進行して、脳卒中や心筋梗塞の危険性が高くなるので、早めに病院を受診してください。

 

血圧が高いという場合、上の血圧ばかりに目が行ってしまいますが、下が高い場合も、油断のならない高血圧なのを、覚えておいてくださいね。

 

 

 

血圧を下げるサプリメント一覧はこちら

市販のサプリメント50種類以上の中で最も効果のあるものを注文してみた。

血圧の下が高い

血圧の下が高い方は概ね30代から50代の方で、肥満であったり、仕事が忙しかったり睡眠不足ストレスなどで悩んでいる方に多く見られます。

 

血圧 下が高い場合の症状とは?

 

血圧の下が高いと、動脈に血液を送られた時に血管内壁が受ける圧力が高いという事を意味します。それは血液を心臓から送られる前でも血管の内部が強い圧力を受けているという異常な状態なんです。そのため、上の血圧が高い方より血圧の下が高い方が良くないとよく言われます。

 

血圧の下が高いのは、上の血圧より数値が低いのでどうしても軽く見がちですが、血圧の下が高いという状態も高血圧であるということは忘れないでください。

 

まずは生活習慣を改めましょう。肥満、仕事、睡眠、ストレス、これらの問題を解消することが必要です。それでも血圧の下が高いという場合は、何か重篤な病気が原因である可能性もあります。

 

一度病院で診察を受けてみてください。