血圧を下げる飲み物

血圧を下げる飲み物 お茶

高血圧の予防・改善には、バランスの取れた食生活や減塩、運動が大切ですが、お茶の摂取でも効果的な対策になるのをご存知ですか?

 

普段の生活の中に取り入れやすいので、どのようなお茶が効果的なのかをまとめてみました。

 

血圧を下げるお茶の成分

カテキン

カテキンは最近注目されている健康成分の一つです。
ポリフェノールの一種で強い抗酸化作用が注目されています。ビタミンEの10倍、ビタミンCの80倍の抗酸化効果があると言われています。

 

カテキンには毛細血管を強くする効果があるため、動脈硬化や血管の老化を防ぐので、コレステロールや血糖値、血圧などの改善効果につながって、高血圧・糖尿病・高脂血症など生活習慣病と言われる病気の予防や改善効果が期待できるのです。

 

カテキンはお茶に良く含まれる成分で、お茶の中でも発酵した茶葉以外のお茶に多く含まれます。つまり、茶葉を発酵させて作るウーロン茶、紅茶には含有量が少なく、緑茶など そのまま茶葉を使うお茶にはたくさん含まれます。

 

高血圧の予防・改善として飲むお茶にするなら緑茶がおススメということですね。

 

ルチン(そば茶)

同じくポリフェノールの一種であるルチンは、血流改善、血管の弾力を強くする効果があり、血管の状態を改善することで血圧を下げる効果が期待できます。

 

ゲニポシド酸(杜仲茶)

ゲニポシド酸は副交感神経に作用して血流の抵抗を下げるため、血圧の改善作用が期待できます。
それ以外にも、高血圧に付随して起きる、めまい・腰痛・しびれ・血栓の抑制効果も期待できます。

 

ドクダミ

美肌効果で良く知られるドクダミですが、カリウムを多く含んでおり、体内の塩分を排出する効果があるため、血圧を下げる効果も期待できます。

 

血圧を下げる飲み物を一覧表にしました。各有名メーカーから発売されている特定保健用食品の飲み物からご自宅で簡単に作れる血圧を下げる飲み物まで幅広くご紹介いたします。

 

記事の最後には、ご自宅で作れる血圧を下げる飲み物のレシピを3つ載せましたので、ぜひお試し下さい。

 

血圧を下げる飲み物 お茶

 

各メーカーが発売している特定保健用食品の飲み物は、8週間から12週間で、上が8〜13oHg、下が8oHgくらいの血圧が下がる効果が確認されています。

 

こういった特定保健用食品の飲み物は、しっかりとした効果が期待できます。

 

ただ、毎日継続するには費用が心配になりますよね。

 

そこで、自家製の血圧を下げる効果のある飲み物を作って、飲んでみましょう。

 

 

「玉ねぎ茶」の作り方

 

3個分の玉ねぎの皮を、1リットルの水に入れます。

 

3分間沸騰させればできあがり!

 

 

 

 

 

 

 

 

「ゴーヤ茶」の作り方

ゴーヤ1本を縦に割り、種の部分を取除きます。

 

5ミリの幅で輪切りにし、太陽に当てて乾燥させます。

 

乾燥したゴーヤを、フライパンで薄茶色になるまで炒ります。

 

このゴーヤを沸騰したお湯に入れ、5分待てばできあがり!

 

 

 

 

「黒豆茶」の作り方

スーパーで売っている乾燥した黒豆を用意します。

 

黒豆を大さじ山盛り一杯(15〜20グラム)をカップに入れ、電子レンジで1分半から2分、チン!します。

 

黒豆の表面の皮に裂け目ができて、香ばしい香りが漂ったら終わりです。

 

カップに暑いお湯を注いで、5分蒸らせばできあがり!

 

 

 

 

 

血圧を下げるサプリメント一覧はこちら

市販のサプリメント50種類以上の中で最も効果のあるものを注文してみた。