高血圧を下げる方法

血圧を下げる飲み物 コーヒーの効果は?

カフェインを含むコーヒーは、血圧を上げると考えられてきましたが、実は逆に予防効果があるのでは?という研究成果が発表されました。

 

コーヒーを飲むと一時的に血圧は上がりますが、実際にはその数値はわずかなものであり、軽い運動程度かそれ以下で、数時間後には元の血圧に戻ります。

 

また、コーヒーをよく飲む人は耐性ができており、血圧はほとんど上がらず、めったに飲まない人に起きる影響だということが分かってきています。

 

アメリカで10年間に渡ってコーヒー・紅茶・コーラを摂取する習慣と血圧の関係を追跡徴した「看護師健康調査」の結果では、

高血圧リスクは変わらない
1日4杯以上コーヒーを飲むと高血圧リスクは減る

という結果が得られました。

 

日本では正式には、こういった研究はまだ行われていませんが、一部の調査では日本人男性の血圧とコーヒーの摂取習慣を調べたところ、コーヒーを飲む人には高血圧が少なかったという調査結果も出たことがあります。

 

ちなみに、上記の「看護師健康調査」では

紅茶は、年齢が低い人は血圧の上昇傾向があった
コーラ(普通のコーラ・ダイエットコーラ共)は、飲む量が増えると高血圧になりリスクが高くなった

という結果が出ています。

 

紅茶、コーラともカフェインを含む飲み物なのでカフェインが高血圧の原因、ということは否定された結果になりますね。

 

ただ、紅茶、コーラに含まれるどの成分が、血圧を上げる原因になったのか、ということはまだはっきりわかってはいないそうです。

 

飲めば飲むほど高血圧リスクが減るというんですからコーヒー党の方には朗報!!なのかもしれませんね。

 

ただし、砂糖を使う方は、飲みすぎ注意です!

 

 

 

血圧を下げるサプリメント一覧はこちら

市販のサプリメント50種類以上の中で最も効果のあるものを注文してみた。