高血圧を下げる方法

血圧が上がる原因

高血圧になると、心筋梗塞、脳卒中など、症状次第では命の危機に関わるような病気のリスクが高まります。

 

しかし、血圧はどうして上がってしまうのでしょう?

 

血圧が上がる原因には様々なものがあり、以下の種類に分けられます。

一次性高血圧(本態性高血圧)

高血圧と診断された場合の9割がこの種類です。特に異常があるわけではありませんが血圧が上がる高血圧で、生活習慣(食塩の摂り過ぎ、加齢、老化、ストレス、運動不足、肥満)や遺伝が影響すると考えられています。

 

遺伝が影響する場合には、両親とも高血圧の場合に子どもが高血圧になる確率は約50%、片方の親が高血圧の場合は約33%、どちらも高血圧ではない場合は約20%だと言われています。

 

生活習慣だけではなく、親の状況をみて高血圧の予防をすることが必要です。

 

二次性高血圧

二次性高血圧とは他の病気の影響や、服薬が原因で高血圧を発症している状態です。

 

ですから、その原因について治療をすれば改善することができます。

 

二次性高血圧には、以下の種類があります。

種  類

概   要

腎性高血圧 腎炎や腎盂腎炎、腎臓系の動脈が動脈硬化になり、余分な塩分の排出ができなくなることにより起こる高血圧です。
内分泌性高血圧 副腎に腫瘍ができることでホルモン分泌異常が起こることで原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫などが影響して起きる高血圧です。
血管性高血圧 心臓血管、大動脈などの重要な欠陥が詰まったり、弁の活動が不良になり、動脈にかかる圧力が以上に高くなることで起きる高血圧です。
薬剤誘発性高血圧 ぜんそく、心臓病、うつ病などの治療薬が起こす高血圧です。

 

その他

それ以外にも、病院などで測定すると高くなる仮面高血圧、朝の起床時に高くなる早朝高血圧、睡眠時に高くなる夜間高血圧などがあります。

高血圧になりやすい年代

若いうちは高血圧とは無縁と考えるかもしれませんが、実は30代に入ると4〜5割の人が高血圧を発症しています。

 

男性は50代、女性は60代になると半数の人が、70代に入ると7割の人は高血圧になっています。

 

見ていただくと分かる通り、歳をとると共に高血圧になっていく傾向にあるため、早めに血圧の変化に気づき予防に努めることが大切です。

 

高血圧にならないためには塩分を摂りすぎない、不規則な食生活を避ける、運動不足を解消する、ストレスを溜めこまない、などの危険因子を少しでも減らしていくことが、高血圧の予防につながります。

 

 

 

 

血圧を下げるサプリメント一覧はこちら

市販のサプリメント50種類以上の中で最も効果のあるものを注文してみた。