中学生でも高血圧!節制しすぎた食生活にも注意!

中学生でも高血圧!節制しすぎた食生活にも注意!

 

YAMATOASUKAと申します。

 

現在50歳、フリーのグラフィックデザイナーをしております。大昔の事で恐縮ですが、私が高血圧になったのは中学生の時でした。


 

突然、立ち眩みが頻発

当時、野球部に所属し毎日練習に試合に明け暮れていました。夏の大会が終了し、3年生は部活動を卒業。受験一本の生活へと変化しましたが、その頃から突然頻繁に立ち眩みを起こす様になり、酷い時は倒れ後暫く意識を失う事もありました。

 

そこで母親に付き添われてかかりつけの病院に行き、高血圧と診断されました。下の数値は記憶がありませんが、上は150近くあったと記憶しています。中学生としてはかなり高い数値でした。

 

薬が処方された記憶はありませんが、激しい運動などは止める様に言われ、食事も油分、塩分を控える様指導されました。まだ夏場だったので水泳の授業もありましたが、飛び込みの際の踏ん張りで逝ってしまう事もあるからと、水泳の授業も禁止されました。水泳が苦手な私としてはラッキーでしたが。

 

食事制限で歩けない程体が衰弱

私自身がまだ中学生という事もあり、食事に関しては全て母親が管理しました。以後、私の食事は少量のご飯と油を使用せずに炒めたもやしのみ。マヨネーズなど味付一切無しという食生活を送っていました。

 

そんな食生活を始めて数日が経った頃、今度はどんどん体が衰弱して行きました。当時、通っていた中学校は自宅からほんの数キロ。私は自転車で通学していましたが、徒歩でも通える距離です。そんな数キロの道のりすら、途中で数分間休憩しないと辿り着けない程体が衰弱してしまったのです。

 

これはおかしいという事で、総合病院で再度診てもらう事になりました。

 

食事制限の大失敗

検査後、医師に言われたのは「油分、塩分の過剰摂取はダメだけど、必要なものなのだから多少は摂取しないとダメだよ」というものでした。要するに体を維持するのに必要な最低限の油分・塩分までカットした為、体が栄養不足に陥ってしまっていたという事。

 

当たり前と言えば至極当たり前の話ですが、母親なりに心配しての行動ですし、今程ネットで簡単に情報が得られる時代では無かったので、致し方無い事だと思いますが、なんともお恥ずかしいオチでした。

 

それ以後は、激しい運動を控えつつ、医師の指導による適切な食事制限により体力も回復。高血圧もすっかり治りました。それ以来今日まで、高血圧は起こしておりません。

 

中高生でも起こる高血圧

医師の話によると、激しい運動を続けてきた人が突然パタリと運動を止めてしまうと、年齢に関係無く高血圧になる事があるそうです。実際、私と同時期に運動部系のクラブ活動をしていた同級生の数名が、私同様高血圧になっていました。

 

運動部系の部活に熱心な中高校生の皆さん、またそういったお子様がいらっしゃる親御さんは、くれぐれもご注意を。

 

早く受験モードに入りたいという気持ちは分かります。しかし、だからと言って極端に運動量を減らすのはNGです。受験勉強の息抜き、気分転換として散歩やジョギングなどわ取り入れ、軽い運動として継続するのが、受験にも健康にも良いではないでしょうか。

 

何事もバランスが大切

昨今、TVでは高齢者社会という事もあってか、健康に関する番組も増え、「◯◯に良い食材・食事」などと言っては、様々な食材・調理法などが紹介されます。時には放送直後には、その食材が売り切れてしまうなどという話もよく耳にします。

 

健康を気遣う事は良い事だと思います。

 

しかし、過度な摂取或いは制限は病気の症状を悪化させたり、別の病気を発症する事にもなりかねません。あまり極端に走らず、バランス良く摂取する事が大切だという事ですね。

管理人「高松明久」が一言モノ申す

 

中学生でも高血圧!節制しすぎた食生活にも注意!

 

珍しいケースですね。

 

栄養不足による高血圧についてですが、これも米国心臓協会では以下のように発表されているようです。

 

米国心臓協会(AHA)は6月30日、小児期の重度の栄養不良は、成人期の高血圧リスクを上昇させる可能性があるという新しい研究を紹介した。Hypertension誌に掲載。

 

 本研究では、栄養不足の小児期を過ごしたジャマイカ育ちの20-30代の成人116人を、適切な食事を摂取していた男女45人と比較。身長、体重、血圧値を測定し、心エコーまたは画像検査により心機能を評価した。小児期に栄養不良であった成人は、問題のなかった人に比べ、拡張期血圧値と末梢血管血流に対する抵抗が高く、心臓のポンプ機能効率が低かった。これらは全て、心臓病や脳卒中の主要因子である高血圧のリスクが高いことを示している。

 

摂生した生活は大事ではあるものの、子供の成長過程置いては過度の節制は栄養不足、栄養失調に繋がるので気を付けなければいけないですね。