大豆レシチン 効果 効能

大豆レシチン 効能 効果とは?

大豆レシチンとは、その名の通り大豆に含まれる成分のことで不飽和脂肪酸のことです。

 

大豆レシチン 効能 効果とは?

 

この成分は、細胞膜を作るための成分で、そのため、お肌、内臓、脳、神経など身体のあらゆる細胞に働きかけ、細胞の機能を正常に保つ働きをしてくれます。

 

この働きによって元気な細胞を維持してくれるため、別名「若返りの栄養素」とも言われています。レシチンはリン脂質と呼ばれる成分で、大豆に多く含まれます。

 

リン脂質は、60兆個あるとされる人間の細胞を取り巻く細胞膜を作る成分で、そのうち40%が脳に存在します。

 

しかし、細胞膜は酸化されやすいので、活力ある状態で生命を維持するためには補給をし続けないと、細胞自体が弱くなってしまいます。レシチンに含まれるコリンという物質は、体内で運動神経、交感神経、副交感神経の伝達物質であるアセチルコリンに変化します。

 

このアセチルコリンが不足すると、神経伝達が正常に働かなくなってしまうのです。他にも、レシチンは、血液サラサラ効果があり、血管内に付着したコレステロールや血中中性脂肪を溶かし、動脈硬化や血管疾患の改善や予防をする働きもあります。

 

また、ホルモンの流れをスムーズにして糖尿病や女性特有の病気の改善にも効果を発揮することもわかってきました。

 

 

大豆レシチンで細胞を元気に

レシチンを多く含む細胞膜は、活性細胞で一番酸化されやすい部分と言えます。参加が進むことで、細胞膜の通す成分の選択や、不要物質の排出といった機能が働かなくなり、細胞自体がその機能を弱めてしまいます。

 

細胞には、核と呼ばれる部分に遺伝子のDNAがあり、そのDNAが傷つくことでガン細胞に変異します。酸化によって失われた脂質は再生は不可能なので、大豆レシチンをリン脂質として補って健康な細胞を構成し続けるために使われます。

 

しかし、細胞膜がそもそも酸化しなければよいわけで、そのためには抗酸化物質も適度にレシチンと一緒に補給してやることがポイントになります。

 

 

大豆レシチンのダイエット効果

大豆レシチンの血液サラサラ効果で血管の中がキレイになると、血流が改善されて代謝がアップして病気予防やダイエットにも効果が期待できます。

 

コレステロールの全てがダメとは言いませんが、脂っこい食事などを続けることで、脳や細胞を作るために必要とされる以上のコレステロールを摂取すると、高脂血症などの原因になります。

 

この時に、一緒に十分なレシチンを摂取すると、身体の中の余分なコレステロールを肝臓に運ぶ役目をしてくれるため、血管内のコレステロールを減らしてコントロールすることができるようになります。

 

これが血液サラサラ効果の仕組みで、血流がスムーズになって代謝アップや肩こり、冷え性の改善につながります。

 

 

大豆レシチンを効果的に摂取するには

大豆レシチンは、1日7~15グラムを毎日継続して摂取するのが適正な値だと言われています。

 

継続すれするほど若さを保つことができ、10年継続すれば10歳の違いが出る、とも言われています。