DHA・EPA 効果 効能 副作用

DHA・EPAの高血圧に対する効果・効能と副作用

高血圧とは、心臓から血液を送り出す時の動脈の血管の壁にかかる血液の圧力が高くなってしまうことです。

 

高血圧の基準は、コロコロ数値が変わっているので、どれが正しいかはよくわからなくなっていますが、現在の日本では、最高血圧が140oHg以上、最低血圧が90oHg以上であれば、高血圧と定義されます。

 

高血圧が始まっているということは、動脈硬化も始まっていると考えるべきです。

 

逆に、動脈硬化になるから高血圧になったと考えることもできるでしょう。

 

つまり、血管が硬くなって柔軟性がなくなると、血流が低下して血圧を送りだす力が強くなるから、高血圧になると考えられるからです。

 

ですから、高血圧の理由は塩分の摂り過ぎだけではないんです。

 

これを防ぐためには、血管の柔軟性を維持し、血液中の脂質量を維持してサラサラの状態を作り出してくれるDHA・EPAというオメガ3脂肪酸が有効で、高血圧にも効果的です。

 

DHA・EPAのオメガ3系列の脂肪酸が十分にないと、赤血球が硬くなり、末梢血管に血液が十分に届かなくなったり、血中コレステロール、中性脂肪が増加して、血管壁に血小板が付き始め血管を狭くしてしまい、徐々に血流が低下していきます。

 

その結果、しっかりと血管に十分な血液を送ろうと、心臓のポンプの力が強まって、血圧が高くなるという状態になります。

 

 

DHAとEPAの効果

 

DHAには、コレステロール値を下げ、血管の老化を予防し、赤血球を柔らかくすする作用があり、また赤血球以外にも毛細血管自体の柔軟性が高まることも分っています。

 

また、EPAには、中性脂肪を減らし、赤血球を柔らかくする作用がありますが、EPAが減少すると血液の粘度が高くなって、ドロドロになり血栓が作られやすくなります。

 

これらの効果は、これまでの実験や研究で確認されています。

 

血中の脂質のバランスは、DHA・EPAといったオメガ3系脂肪酸で正常な状態を保つことができ、動脈硬化予防になります。

 

その結果血流が改善されれば、心臓への負担が減って血圧も下がっていきます。

 

そもそもDHA・EPAの不足によって血中コレステロールや中性脂肪が増加するのは、食生活に問題があるからです。

 

つまり、現在の日本人は、DHA・EPAを含むオメガ3系脂肪酸を摂取する機会が減り、また、血液をドロドロにするリノール酸を摂り過ぎるという状態になっており、食事によって摂取されるはずの脂肪酸のバランスが悪いということです。

 

DHAやEPAを摂ろうと思うと、意識して魚を食べなければ必要な量を摂取することができません。

 

 

逆に、リノール酸を含む食品はたくさんあり、マーガリン、マヨネーズ、スナック菓子、インスタント食品など、意識しなくても過剰に摂取しやすい状況です。

 

脂肪酸を意識して毎日の献立を考える人はほとんどいませんから、知らず知らずのうちにリノール酸を摂り過ぎているのです。

 

DHA・EPAの不足、あるいはリノール酸過剰の状態は、血液検査ですぐにわかります。

 

血液中のコレステロール値や中性脂肪の数値を見れば高くなっているはずですし、アラキドン酸とEPAの比率も崩れているはずです。

 

 

 

医師に改善を指導された時には、動物性脂質とリノール酸を減らすことと、DHA・EPAというオメガ3脂肪酸の摂取を心がけることが改善策になります。

 

季節の旬の青魚を食べるようにするのが一番効果的で、養殖より天然を、川魚より海の魚、脂がのった魚を食べるようにしてください。

 

DHA・EPAの高血圧に対する効果・効能と副作用

 

DHA・EPAの摂取量は、1日1000mg程度なので、魚を食べるだけで十分に摂取可能な量ですが、魚が食べられないという人は、サプリメントでの摂取も可能です。