血圧が上がる原因 タバコとアルコール

血圧が上がる原因 タバコとアルコール

喫煙が健康に良くないのは周知の事実です。

 

でも、なかなか禁煙ができないという人はたくさんいますね。

 

最近は医師のサポートを受けて禁煙に取り組むことができますから、積極的に医師に相談したらいかがでしょうか。

 

アルコールは適量を守れば”百薬の長”ですが、飲み過ぎはタバコと同様に健康に影響を与えます。

 

 

タバコの血圧への影響

 

タバコは血圧に影響を与えます。

 

タバコに含まれるニコチンが副腎への刺激になり、ホルモンが分泌されるため、そのホルモンによって血圧が上がります。

 

更には、交感神経も刺激し興奮状態になるため、それも血圧を上げる要因になります。

 

長期的な影響もあり、動脈硬化を進行させたり、狭心症や心筋梗塞のリスクも大きくなります。

 

血圧が上がる原因 タバコとアルコール

 

一番良い対処法は禁煙ですから、血圧が気になり始めた今こそ、禁煙外来や禁煙クリニックの門を叩く良い機会ですよ。

 

 

アルコールの血圧への影響

 

アルコールを飲むと、一時的に血圧が下がります。

 

しかし、習慣的な大量の飲酒は、血圧を上げる原因になります。

 

禁酒ではなく、節酒をすれば、血圧を下げる効果があることは既に確認されています。

 

ですから、お酒を止めると考えるとストレスになりますが、控えるという心掛けが血圧を下げる効果につながります。

 

節酒にも目標が必要ですが、適量は男性なら日本酒で1合(エタノールで20〜30ml)、女性ならその半分程度と言われています。

 

血圧が上がる原因 タバコとアルコール

 

 

 

血圧を下げるサプリメント一覧はこちら

市販のサプリメント50種類以上の中で最も効果のあるものを注文してみた。